GENKI GYM
「トレーナー紹介」ページへ   「料金」ページへ   「設備」ページへ   「トレーニング概要」ページです   「お問い合わせ」ページへ   「格闘サークル」ページへ 有名人来館  Q&A ジム日記  トップページへ戻る
有酸素運動ウェイトトレーニングスピードトレーニングバランス空手エクササイズダイエットエンドプログラム
主なトレーニング例をのせています。その他多様なトレーニングができます。
有酸素運動
エアロバイク
エアロバイク  

ランニング
ランニング  
  ウォーキング
ウォーキング  

ステッパー
ステッパー  
ウェイトトレーニング
ベンチプレス
ベンチプレス ベンチプレス

デッドリフト
デッドリフト デッドリフト

スナッチ
スナッチ スナッチ

トライセップスプレスダウン
トライセップスプレスダウン トライセップスプレスダウン

レッグプレス
レッグプレス レッグプレス

バタフライ
バタフライ バタフライ

ラットプルダウン
ラットプルダウン ラットプルダウン

ワンハンドスナッチ
ワンハンドスナッチ ワンハンドスナッチ
  スクワット
スクワット

ハイクリーン
ハイクリーン ハイクリーン

アームカール
アームカール

アブマシン
アブマシン アブマシン

レッグエクステンション
レッグエクステンション

ダンベル体操
ダンベル体操 ダンベル体操
ダンベル体操 

レッグカール
レッグカール
スピードトレーニング
スピードトレーニング スピードトレーニング
バランス
バランス バランス バランス バランス
バランス バランス バランス
カラテエクササイズ
カラテエクササイズ カラテエクササイズ カラテエクササイズ カラテエクササイズ
ストレッチ
ストレッチ ストレッチ ストレッチ ストレッチ
ダイエットエンド

■ダイエットエンドプログラム

直立姿勢  (10分間) 運動強度Level 3〜4

ダイエットエンド 直立姿勢ダイエットエンド 直立姿勢
  • マシンに楽に立った姿勢で運動します。
  • 足を大きく広げる程、振動の振幅が強く伝達されます。
  • 上体を伏せれば腹部左右運動になります。
  • 膝は楽に少しだけ曲げても良いです。
  • 腹部肥満解消。腹部を上下左右で振ります。
  • 高股運動。膝を少し曲げれば太もも運動になります。
  • ヒップアップ運動。ヒップに力をこめるような姿勢をすればヒップアップ運動になります。
  • 内臓連動運動。腸運動を促進させて便秘改善効果があります。
バスト・顔振り姿勢  (10分間) 運動強度Level 3〜4

ダイエットエンド バスト・顔ダイエットエンド バスト・顔
  • 膝をまっすぐ立てたり、曲げて座った姿勢で手のひらを振動板に乗せます。
  • 腕を立てた角度によって運動部位がかわります。
  • 弾力的なバストを作る運動。バストを弾力的にしてくれます。腕回りを細くしてくれます。肩の固まった筋肉をほぐしてくれます。
  • 顔のダイエット運動。顔の頬をスリムにする運動。あごの下をスリムにする運動。
騎馬姿勢  (5分間) 運動強度Level 4〜5

ダイエットエンド 騎馬姿勢ダイエットエンド 騎馬姿勢
  • 直立姿勢で膝を20度〜45度程曲げます。
  • 膝を曲げてかかとを少し上げます。
  • 足の筋力増強運動。ふともも弾力的にしてくれます。ふくらはぎを細くしてくれます。膝の関節を丈夫にしてくれます。
座った姿勢  (5分間) 運動強度Level 5

ダイエットエンド 座った姿勢ダイエットエンド 座った姿勢
  • イスに座って、振動板の上に足を肩の広さで乗せます。
  • 日々の疲れを解消するストレッチ運動。ふくらはぎとふとももに固まった筋肉をほぐすマッサージ運動です。
 
【左右対称垂直運動方式】


つまり、足元の台座が交互に垂直方向に高速で動きます。その動きに体がバランスを調整しようとすると、自然に体が鍛えられます。また、その振動作用で、カロリーを消化することが可能です。1回で2重の効果を得られます。
ダイエットエンド 左右対称垂直運動方式
腰筋 腸骨筋 腸腰筋 下腹・たれ尻、気にしてませんか。それは、腸腰筋が弱っている証拠です。


腸腰筋とは背骨と大腿骨を結ぶ、体の深部にある大切な筋肉の総称です。歩く基本動作の大切な筋肉です。役割は太ももを上げたり、背骨の自然なS字の湾曲を支え、お尻の筋肉を引き上げ、骨盤の位置を正常に保ちます。これが衰えると躓き、転びやすくなります。骨盤が下がり、神経や血管が圧迫されます。むくみ、冷え性、便秘などにもなりやすくなります。骨盤が後傾し、腹筋背筋の緩みや猫背になりやすい。これを鍛えるのに大変な運動量が必要です。DIET−ENDは、10分間マシンに乗るだけで簡単に運動でき、腸腰筋が強化できます。
ダイエットバックライン縦
 


バイブレーションフィットネスマシーン開発・歴史


 
1970年代ロシアの宇宙航空局において、宇宙飛行士の健康管理面で深刻が問題が発生しました。 これは長期間無重力状態の宇宙旅行の後におこる宇宙飛行士の骨密度低下と筋萎縮現象によって、日常生活への障害や、宇宙旅行ができなくなる宇宙飛行士が現れたのです。これがきっかけとなって上下方式の振動方式運動が、人体に及ぼす影響に関する研究が始まりました。その結果、振動方式運動が非常に早い時間に骨密度・筋萎縮の改善に至る事を発見しました。
その後オリンピック選手の競技力向上、病院などで体脂肪改善の為の運動、老人の関節と健康の為に使用されています。特に韓国では2002年サッカーワールドカップ代表選手の体力増強と競技力向上の為に、振動運動器具を輸入した後、垂直型振動機器の研究開発が進みました。HYUNDAI Medical(株)と (株)MUGENで共同開発されたDIET-ENDは左、右対称で上下垂直で運動できる(これまでのものは、左右同時垂直運動)ので集中運動効果に優れており、特に腰と関節に無理のない最先端運動器です。
 



研究報告
Bosco (1998年) 健康な被験者を対象にして10日間振動トレーニング(10分/日)を実施した後、大腿四頭筋の最大筋力強化現象を報告
Bosco (1998年) 国家代表女子バレーボール選手6人を対象とした10分間の振動トレーニングの後、平均パワー及び筋肉収縮平均速度向上報告
Bosco (1998年) 健康な男性14人を対象にして10分間の振動トレーニングをした結果、テストステロンと成長ホルモンの有意な増加とストレス性ホルモンの有意な減少を報告
Kim Jin-Kook (2000年) 肥満中年女性10人を対象にして6週間振動トレーニングをさせた後、体脂肪の減少と背筋力、全身反応速度、素早さの有意な増加を報告
Jun Min-Seok (2001年) 肥満中年女性を対象にして多様な形態の集中負荷振動トレーニングの後に皮下脂肪二重の有意な減少を報告
Lee Jin-Hoo (2003年) 振動運動が脂肪の燃焼により皮下脂肪が減少する事を報告
 
 
 
 
 















利用規約   プライバシーポリシー
Copyright(c)2005-2010 GENKI GYM All Rights Reserved.